沿革

“追求”と“挑戦”によって、世界最高品質を実現し続けてきたDAIKYOの歴史をご紹介します。

INNOVATION HISTORY

  1. 1964

    ブチルゴム製品化

    天然ゴムが主流だった時代に、医薬医療用ゴム栓に適した材質を開発。

  2. 1982

    ラミネートゴム栓

    フッ素樹脂フィルムをゴム栓表面にラミネートする技術を開発。ゴム由来の溶出物を低減させる効果があり、より安全なゴム栓の提供を実現。

  3. 1988

    ラミネートピストン

    ラミネートゴム栓で培った技術を応用し、プレフィラブルシリンジ用に開発。

  4. 1990

    Daikyo CZ

    極めて高い透明性を持つ医療用容器専用のCOP材質を開発。

  5. 1991

    RB2コーティング

    ゴム栓同士のドッキング防止のためのコーティング技術を開発。

  6. 1993

    Daikyo CZバイアル

    医薬医療用容器に求められる性質に加え、透明性が高く、衝撃に強い容器を開発。

  7. 1996

    Daikyo CZ
    プレフィラブルシリンジ

    CZバレル、ラミネートピストン・ノズルキャップ、プランジャーを全て自社製造し、機能性に優れたシリンジシステムを開発。

  8. 2001

    CZ P3

    JP/EP/USPの基準に適合する遮光性を有し、内容薬剤の確認が容易な透明度の高い材質を開発。

  9. 2006

    DAIKYO RSV®

    洗浄済み保証のゴム製品[RSV:Ready to Sterilize Validated]。
    お客様での洗浄工程を省略可能にする付加価値製品の提供を開始。

  10. 2010

    PLASCAP®

    アルミキャップにかわる次世代のプラスチック製キャップを開発

    DAIKYO RUV CRYSTAL ZENITH®

    電子線滅菌保証済みのCZ製品をWEST社と開発。

  11. 2014

    DAIKYO RUV®

    高圧蒸気滅菌による滅菌済み保証ゴム製品[RUV:Ready to Use Validated]。お客様での洗浄・滅菌処理を省略可能にする付加価値製品の提供を開始。

  12. 2018

    DAIKYO D SIGMA

    異物規格0.01mm²を実現した最高品質グレード。

CORPORATE HISTORY

  1. 1954

    鐘ヶ淵ゴム化工有限会社

    工業用ゴム製品を手がけるメーカーとして東京都墨田区で創業。

  2. 1973

    WEST社とのパートナーシップ

    WEST社と技術提携。海外製薬メーカーとの本格的な取引が始まる。

  3. 1993

    株式会社大協精工に改称

    ゴム製品・樹脂製品のトータルパッケージを提供することを示すため社名を変更。

  4. 1996

    ISO 9001

    国際標準の品質マネジメントを導入。

  5. 2006

    佐野羽田第二工場設立

    高まる需要に応えるために工場を増設。

  6. 2016

    ISO 15378

    医薬品向けの一次包装材料の品質と安全性の国際基準を導入。

  7. 2017

    本社を佐野市に移転

    工場のある栃木県佐野市に本社機能を移転。

  8. 2018

    イノベーションラボラトリー設立

    イノベーションの拠点となる研究・開発を行う専門施設を設置。

  9. 2022

    ブランドマークをリニューアル

  10. Daikyo CZ🄬 は日本における登録商標です。
    CRYSTAL ZENITH🄬 は日本、米国その他の国における登録商標です。
    PLASCAP🄬は日本、米国、その他の国における登録商標です。
    DAIKYO RUV🄬は米国その他の国における登録商標です。
    DAIKYO RSV🄬は米国その他の国における登録商標です。

企業情報トップに戻る