会社情報

会社情報

沿革

1954年
鐘ヶ淵ゴム化工有限会社創業
1954年
工業用ゴム製品製造開始
1960年
有限会社日本工機ゴム製作所に改称
1960年
医薬医療用ゴム栓開発開始
1964年
ブチルゴム栓上市
1965年
株式会社大協ゴム精工設立
1969年
佐野第一工場設立
1969年
材質No.21開発
1973年
米国ウエスト社と資本・技術提携
1975年
ゴム栓へのコーティング法開発
1977年
ラミネートゴム栓基礎研究開始
1978年
佐野第二工場設立
1978年
材質No.713開発
1980年
B1シリコーンコーティング開発
1982年
佐野第三工場設立
1982年
ラミネートゴム栓上市
1988年
佐野第四工場設立
1985年
全面ラミネートピストン開発
1990年
Daikyo Resin CZ®開発
1991年
材質No.777開発
B2シリコーンコーティング開発
1993年
株式会社大協精工に改称
1993年
先端ラミネートピストン量産開始
CZバイアル開発
1994年
RS(Ready-to-Sterilize)ゴム栓上市
1995年
本社、佐野第一、第二、第三工場においてISO9002審査登録
1996年
本社、佐野第一、第二、第三工場においてISO9001審査登録
佐野第四工場B棟設立
佐野第四工場において、医療用具製造業業態許可取得
1996年
CZプレフィラブルシリンジ上市
ボトル用栓体上市
1997年
佐野第四工場においてISO9001審査登録
1997年
バッグ用栓体上市
1998年
佐野第四工場C棟設立
1998年
材質D21-7S開発
2001年
佐野第五工場設立
2001年
CZ遮光バイアル開発
CZデュアルチャンバーシリンジ開発
2002年
佐野第五工場においてISO9001審査登録
2002年
プラスチックフリップオフキャップ開発
2005年
佐野第四工場において、医療機器製造販売業業態許可取得
2005年
CZシーケンシャルシリンジ開発
針付シリンジ(Inserted needle)開発
2006年
佐野羽田第二工場設立(ISO9001審査登録)
工場名称を現行に変更

佐野第一工場:佐野越名工場

佐野第二工場:佐野第四工場と統合し、佐野栄工場

佐野第三工場:佐野大町工場

佐野第四工場:佐野第二工場と統合し、佐野栄工場

佐野第五工場:佐野羽田第一工場

2006年
佐野羽田第一工場RSV®工程を米国FDA DMF Type V(No.19418)及びカナダ Health Canada DMF Type II(No.2006-089)ファイリング完了
2008年
佐野栄工場を拡張し新A棟を設立
2008年
ハイブリッドゴム栓開発
2010年
PLASCAP®開発
2011年
佐野羽田第二工場を拡張しB棟を設立、高圧蒸気滅菌装置導入
2011年
SmartDose® Cartridge 量産開始 ※1
2012年
開発センターを設立、佐野羽田第一工場を拡張しB棟を設立
2012年
佐野羽田第二工場RSV®工程を米国FDA DMF TypeV( No.26412)及びカナダ Health Canada DMF Type II( No.2012-194)ファイリング完了
2014年
佐野栄工場新D棟を設立、高圧蒸気滅菌装置導入
2014年
佐野羽田第二工場RUV®工程を米国FDA DMF Type V(No.28305)及びカナダ Health Canada DMF Type II( No.2014-099)ファイリング完了
2015年
材質D22開発
2016年
佐野栄工場、佐野羽田第一工場、
佐野羽田第二工場においてISO15378認証登録
2017年
本社を栃木県佐野市に移転、東京営業所を墨田区錦糸に移転

※1・・・ SmartDose® は、West Pharmaceutical Services社の子会社である Medimop Medical Projects社の登録商標です。

ページの先頭へ